FC2ブログ

クロノグラフ

ARTICLE PAGE

別産地への決断

コンビニの駐車場で車のシートを倒し、
雨雲レーダーの時間を未来に推移させる。


雨雲は深夜まで覆っており、
土砂降りの中の採集を躊躇い始めた。


雨に濡れて風邪を引いてしまうのは
頂けないが、折角の遠征で諦めてしまうのは
如何なものか。


葛藤と戦いながら
雨雲が掛からない場所を探すも、
それはこの地を離れる事を意味した。


少し休憩にて眠りを選択し、
起きた際に雨が小振りなら
突撃しようと瞳を閉じた。


PM 3:30


一瞬雨風が弱まった為、
急いで車から飛び降り、
ラダーを抱えて一本のクヌギへと走った。


クヌギに隣接している樹木の葉に
大量の雨が乗っており、
ラダーを伸ばしていくだけで
びしょ濡れになりながら
ライトで捲れ内部を探る。


まだ樹液も本番でないようで、
ヒラタクワガタすら確認出来なかった。


雨風は勢いを増し、
容赦なく吹き荒れる。


数分でずぶ濡れになり、
車の中で着替えを済ませ、


PM 4:30


この地を離れる決断を下した。


待つ時間があるなら、
別産地に賭けよう。


その地はたった2本の樹液木しかないが、
毎年本命が棲み付いている為、
その地を選択した。


まだ樹液が本領発揮していないと
思いつつも、ここで指を咥えて待つよりは
私らしくて良いと、アクセルを踏み込んだ。


PM 9:52


雨は小降りになるも
霧が立ち込み、より一層の
神経を張り巡らせながら車を進めた。





睡魔に取り憑かれると、
コンビニに停車し、目を瞑り、
起き上がっては目的地を目指すを
繰り返した。


2019.6.16
AM 5:42


暗黒に隠蔽されていた太陽が
姿を現し、その光の眩しさに感激しながら
目的地を降りた。


今年誰も通った形跡の無い
薮が生い茂る中を進んで行くと、
雨露が衣服にどんどんと染み込んでいった。


目的の樹に辿り着き、
見上げる。





樹液は僅かな出方であり、





コクワガタを確認するだけだった。





折角ここまで来たのだからと、
数年前に足繁く通っていた
ポイントに向かうと、


道路は新しく拡張され、
何時も登る前に拝んでいた
お地蔵様は解体され、





不安になりながら
斜面を一気に登った。





斜面を登り切ると
クヌギの樹液木が乱立しているのだが、





害獣対策の柵が立ちはだかり、
樹液木達も柵から枯渇しているのが見え、
意気消沈しながら斜面を降りていった。


車に乗り込み、少し進んだ先にある
クヌギポイントに向かうと、





此方は電力会社のゲートに阻まれ、
その先にあった樹液木が皆切られていた。


「もう、この地はダメだ」


そう呟き、以前の採集思い出を
浮かべながらこの地を去った。


AM 11:42


道の駅でオムライス定食を頬張り、





明日は仕事の為、
遠征採集にピリオドを打った。


樹液の出方から、
早期遠征採集であったと反省しつつ、
横浜の家へと車を走らせた。


単身赴任の為、これまでのような
思うままの樹液採集とはいかない。


それでも2019年の目標を背負い、
フィールドに向かう決意を固めた。



Comments 0

Leave a reply

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

検索フォーム

リンク

TOTAL

ON LINE

黄金の微毛を狙え
PREV
NEXT
レベル4採集